読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビットsizeの日常

低身長である私の育児・仕事・日常の思った事をまとめていきます。

考えるということ

今までが考えずに生きてきたわけではない。

 

ホビットです。

 

こう、人生って本当に考えることだらけだなと思うんです。

 

 

 

ただ、意識して考えなければって思ったのは結婚してから。

 

夫と母(義母さん)の影響です。

 

良好な関係を築けている義母ですが、月に2回ほど、「先生」という方の元へ通っています。

 

宗教ではありません。

 

私も最初夫からその話を聞いた時には、やばい宗教?と思っていましたが、今ではちょっと違うということを何となくですが認識しています。

 

まぁ先祖とか因縁の話が出てくると、宗教っぽくなりますが(笑)

 

その先生は、考えるきっかけを与えてくれる人なのだと思います。

 

義母はその先生に会ってから人生、人格、性格が変わったと言います。

 

人の人生はその人にとって波乱万丈であり、その出来事の度に神様から「お勉強」を頂いている。

 

その勉強する為の今世なのだということだそうです。

 

文字にすると思いっきり宗教臭いですが、神頼みとかではなく、自ら考え行動せよって所が普通の宗教とかとは違うなと思っています。

 

不思議な縁があることも、たまたま運が良かったり、悪かったりする事も、全ては勉強。

 

だとすると、そこで自分がどう思うのか。

 

そんな話を義母や夫とするようになって、省みる事が出来るようになりました。

 

そうすると、ちょっとやそっとなことに気持ちを揺さぶられる事が無くなり、穏やかに生活できるようになるんです。

 

ただ、徐々に、です(笑)

 

私はイライラするとモノなどに当たってしまう短気なタイプで、子育てしている中で多々発動します。

 

お付き合いにしても、ちょっとした事でイライラして小言を言ってしまい、喧嘩になる事も多々ありました。

 

 

 

考えるという事を始めて、相手に思う所があれば、まず

 

「自分はどうだろう」

 

と考えます。

 

私自身が同じ様にしている事があれば、自分を先に直さなければいけないと思うんです。

 

そんな風に生活してきて、夫と再会して4年間、喧嘩という喧嘩はありません。

 

考えるということは、人間のコミュニケーションの中で必要不可欠なフェーズだと実感しています。

 

 

 

また、夫と私の間にはいくつかルールがあります。

 

またそれは別の機会に書こうと思います…全ては考えること、そこから始まっているので。