ホビットsizeの日常

低身長である私の育児・仕事・日常の思った事をまとめていきます。

家庭内の家事分担

専業主婦も今日でおしまいです。

 

ホビットです。

 

月曜からは仕事始めます。

 

理解のある会社に出会えて、育児に必要な時間が確保できる予定です。

 

仕事が始まるので、夫婦共働きになる訳ですが、我が家では家事分担は決めていません。

 

経験されている方ならお分かりでしょうが、給与も無い、休みも無いブラック職種であろう専業主婦(専業主夫)。(笑)

 

まぁその分時間の余裕はありますが、完璧にこなす方は自分の好きな事をできる時間なんて微々たるものでしょう。

 

私はテキトー主義なので、割と楽な方だと思います。

 

ですが、夫はそんな私に毎日労いの言葉を掛けてくれ、進んで家事育児をしてくれています。

 

専業主婦だった今までの生活をご紹介します。

 

 

 

夫起床、すぐに身支度して出勤。朝ごはんは要らない。

 

私は好きな時間に起床。

 

子供達と共に起きて朝食をとる。

 

洗濯機を回しながら好きな事をする。子供と遊んだりスマホいじったり。

 

洗濯物を干して、子供達と遊ぶ。

 

お昼ご飯を食べる。

 

遊ぶ。

 

夫帰宅。溜まった洗い物をして、夕ご飯の準備。

 

お風呂は夫が子供達と入り、私はゆったり1人で入る。

 

夕ご飯をみんなで食べる。

 

食後は直ぐに夫か私が洗い物をする。

 

しばらく遊んで果物などデザートなどを食べる。主に夫が用意する。

 

夫が長男、私が次男を別々の部屋で寝かしつける。一緒だとまだ遊んでしまうため。

 

寝付いた後、明日の弁当を夫か私が準備する。

 

しばらく思い思いな時間を過ごし、共に就寝。

 

 

 

ざっとこんな感じです。

 

曜日によってはこれに掃除が入ったりしますが、大体は一緒です。

 

こうして見ると、かなり夫が家事してくれていますね。

 

夕飯の準備も子供達用のおにぎりなどを夫が率先してしてくれます。

 

本当に毎日感謝感謝です。

 

前にも書きましたが、その感謝がとても大切なのです。

 

日常の中で起こることは全て『当たり前』ではありません。

 

私たちは努めてその意識を保っています。

 

夫は働いて当たり前、妻は家事育児をして当たり前では無いのです。

 

自分の為にしていることもあるでしょうが、主にはやはり『家族のため』が多いと思います。

 

だから、相手がしてくれること、そこに当たり前の認識が無くなれば、自然と感謝の言葉がでますし、協力するという事が億劫では無くなります。

 

特に私の夫は、前の夫婦生活において、仕事+帰宅後の家事育児を全て1人でしていました。

 

夜中になっても帰ってこない妻の代わりに愚図る生後数ヶ月の赤ちゃんを数時間置きにあやして、朝妻の実家に預けて出勤するのです。

 

帰宅途中でまた実家へ子供を迎えに行き、夜ご飯をあげてお風呂に入れ、寝かしつけをする。

 

…この話を聞いた時には衝撃でした。

 

そんな生活でも夫は経験してよかったと言っています。

 

育児の大変さが身に染みて分かるから、だそうです。

 

確かにこの経験がなければ、また今とは違った生活になっているかもしれませんが、そこで自分も悪かったんだと振り返る事が出来る夫であれば、今と然程変わらないのではないかと思います。

 

 

 

何が言いたかったんだっけ?

 

ああ、そうだ。

 

とにかく感謝の心を忘れずにって所です。

 

仕事が始まってからは、私の帰りが夫より遅くなるので、夕飯を夫が作るか作らないかという話をしています。

 

子供達も3時のおやつを貰うし、そんな急いで用意しなくても大丈夫だとは思うんですが…まぁ仕事が始まってまた考えることにします。

確定申告って訂正できるの?

ここのところ、私が住むところでは暖房いらないくらい暖かいです。

 

ホビットです。

 

暖かいからでしょうか。眠気が半端じゃない…

 

あ、保育園決定しました!

 

4月からはお仕事できる!!良かった…

 

明日からは、4月からの生活に備えて6時起床からの1時間半で全ての支度をするという擬似生活をしてみようと思ってます。

 

思ってるだけだけど(笑)

 

明後日には入園の説明会があって、思ってたよりも余裕で入園の準備が出来そうです。

 

 

 

そこで気になって来たのが保育料。

 

 

調べてみたら、市町村税ってので変わってくるようだったので、計算しました。

 

月36,000円…

 

いや、思ってた通りの額だったんですが、ここで今年度の確定申告を思い出しました。

 

そいや、源泉徴収の額よりも多めで出しちゃったんだよなぁ…会社の人からはその額で大丈夫って言われてたのに…

 

そこで!源泉徴収の額で再計算してみると

 

月25,000円!1万以上も違うじゃん!

こりゃ確定申告修正したいよ!今更できるの??

 

と思っていろいろ調べました。

 

結果できました(笑)

 

期限の3月15日までに申請し直せばいけるとのことで、早速修正。

 

我が家はMacユーザー、e-taxでの送信は不可能なので、せっせと封筒に切手を貼っておきました。(投函は夫にまかせる)

 

いやー良かったです。良かった良かった。

結婚の理由

様々な理由があって結婚するんだとは思うんだけど。

 

ホビットです。

 

昨晩は子供達が寝た後に夫と晩酌しました。

 

まとまって寝てくれる様になったから、お互いいろいろ話せる、この時間が好きです。

 

主に夫の仕事の話だったんだけど。

 

義父の会社で働いている夫。

 

実父という事と、もともとそういう性格って事もあってか、いろいろ衝突する様で。

 

私の役は、聞いて、一緒に考えて、アイデアを出す事。

 

盛り上がりすぎて昨日はビール飲み過ぎました(笑)

 

 

 

仕事とか、いろーんな話を真剣にできるから、夫に惹かれました。

 

ああ、そうだった。

 

だから結婚したんだと。

 

他にもいろいろ理由はあるけれど、これが1番かもしれません。

 

 

 

結婚してすぐだったか前だったか、義母に「息子のどこが良かったの?」と聞かれました。

 

その時は何か人間性に惹かれてとか言った気がするけど、具体的にどういうことか、今やっとわかった気がする。

 

生きて行く上でコミュニケーションてとても大切ですよね。

 

夫はスキンシップも多いし、言葉もたくさん投げかけてくれる。

 

私はどちらかというと常に受け身で、して貰ったら返すみたいな感じでした。

 

夫だから今でも夫婦生活うまくいっているんだと思います。

 

考えるということ

今までが考えずに生きてきたわけではない。

 

ホビットです。

 

こう、人生って本当に考えることだらけだなと思うんです。

 

 

 

ただ、意識して考えなければって思ったのは結婚してから。

 

夫と母(義母さん)の影響です。

 

良好な関係を築けている義母ですが、月に2回ほど、「先生」という方の元へ通っています。

 

宗教ではありません。

 

私も最初夫からその話を聞いた時には、やばい宗教?と思っていましたが、今ではちょっと違うということを何となくですが認識しています。

 

まぁ先祖とか因縁の話が出てくると、宗教っぽくなりますが(笑)

 

その先生は、考えるきっかけを与えてくれる人なのだと思います。

 

義母はその先生に会ってから人生、人格、性格が変わったと言います。

 

人の人生はその人にとって波乱万丈であり、その出来事の度に神様から「お勉強」を頂いている。

 

その勉強する為の今世なのだということだそうです。

 

文字にすると思いっきり宗教臭いですが、神頼みとかではなく、自ら考え行動せよって所が普通の宗教とかとは違うなと思っています。

 

不思議な縁があることも、たまたま運が良かったり、悪かったりする事も、全ては勉強。

 

だとすると、そこで自分がどう思うのか。

 

そんな話を義母や夫とするようになって、省みる事が出来るようになりました。

 

そうすると、ちょっとやそっとなことに気持ちを揺さぶられる事が無くなり、穏やかに生活できるようになるんです。

 

ただ、徐々に、です(笑)

 

私はイライラするとモノなどに当たってしまう短気なタイプで、子育てしている中で多々発動します。

 

お付き合いにしても、ちょっとした事でイライラして小言を言ってしまい、喧嘩になる事も多々ありました。

 

 

 

考えるという事を始めて、相手に思う所があれば、まず

 

「自分はどうだろう」

 

と考えます。

 

私自身が同じ様にしている事があれば、自分を先に直さなければいけないと思うんです。

 

そんな風に生活してきて、夫と再会して4年間、喧嘩という喧嘩はありません。

 

考えるということは、人間のコミュニケーションの中で必要不可欠なフェーズだと実感しています。

 

 

 

また、夫と私の間にはいくつかルールがあります。

 

またそれは別の機会に書こうと思います…全ては考えること、そこから始まっているので。

次男のミルク

上の歯4本と下の歯4本が生えた次男

 

寝る前には歯磨きをします。

 

でもどうしても寝る前のミルクがやめられません。

 

それに影響してか、夜泣きも数回…

 

最低でも1回は泣いて、ミルクじゃないと泣きやみません。

 

上の子は、この時期もう牛乳に移行して、夜泣きしても抱っこで揺れたら寝てたのに…

 

やっぱり兄弟でこうも違うんだなぁと実感。

 

ちなみに次男は抱っこしてもそっくり返って落ち着きません。

 

断乳は10ヶ月だったんですが、これも大変で…

 

また他で書きます。

 

 

 

ネットでも1歳過ぎのミルクは意見が分かれる模様。

 

うちはわりと「こうしなきゃ!」てよりも、気ままにって子育てなのでしばらくこのままかなぁ。

 

にしても、夜泣き無くなって欲しいなぁ…(笑)

子供にテレビを壊された!続き

はい、さくっと結果です。

 

ダメでした。

 

緩くないじゃーん。

 

普通に「何かが液晶に当たりましたか?」って聞かれて…聞かれたら答えるしかないよね。

 

「はい」つったら4万ほどかかりますと。

 

そうですかーやっぱり神も仏もなかった。

 

あるのは壊れたテレビと怪獣2匹だけだった。

 

 

 

まぁほんとこれを教訓に、壊れたテレビでしばらく過ごそうと思います。

 

 

 

いやー、前壊した時は、「もうテレビいらなくない?」て話もあったんです。

 

田舎のためチャンネル数は少ないし、子供にEテレかDVD見せるだけの道具に成り下がってたから。

 

やっぱり買わなきゃ良かった…。

 

それかちゃんと地震対策、破壊対策として、テレビの裏をバンドで固定するやつにしとけば良かった。

 

自分に嫌気がさしますね。

 

今日はふてます…猛省。

子供にテレビを壊された!保証って効くの?

まさかまさか…

 

 

我が家には1歳児と2歳児の男の子がおります。

 

誰に似たのかとてもやんちゃ。

 

何かとモノを、破壊。

 

もうゴジラの如く…。ホビットな私にはどうにも止められない。

 

今年が始まって少しした頃、次男の方がテレビを壊しまして。

 

テレビボードの上に登れるんですねぇ1歳児。

 

そのままテレビの後ろに回り込んで倒したんです。

 

まぁ見事に中の液晶が割れて、悲惨な姿になったテレビ。

 

可哀想に…痛かったろうに…

 

結局その日のうちに買い替えとなってしまいました。

 

裕福でもない我が家には痛い出費でしたが、まぁネット動画が見れるようになったので、良しとしました←(笑)

 

 

 

そして今日…

 

ああ、そうね。

 

地震対策としてネジで固定してたのが、外れていたみたいで、同じパターン。

 

また液晶が割れて、たぶんパニックになってました私。

 

1ヶ月も持ってないよ…

 

慌ててサポートセンターに電話。

 

「修理は5万ほどかかります」

 

 

 

 

これ5万で買ったんだぜぇええええ?!

 

保証に入っていても、故意の破損は対象にならないとのこと。

 

泣く泣く夫に電話し、「まぁ怪我がないならよかったよ」と言われてやっと落ち着きました。

 

 

 

そうだよね。先ずはそこだよね。

 

怪我がなくて良かった。

 

むしろ私が怪我させそうだった←(笑)

 

反省。

 

 

 

落ち着いたところで、今度は販売店の修理サポートに電話。

 

ネットで調べていたら、販売店に電話したら経緯も聞かれずに無料で修理できた!という話があったのです。

 

テレビ購入時の保証書と、レシートについてくるメーカー保証書を片手にいざ!!

 

 

 

まぁ結果は無料かどうかはまだ分かりません(笑)

 

とにかく、レシートが無ければ負担は間逃れませんでした。

 

いつもレシートは捨ててしまうんですが(ダメな主婦)、今回たまたま残ってたので良かった。

 

コールセンターのお姉さんの話では、メーカー修理の担当が、1、2日の間に電話するから、その時に見積もり出してくれるよ!ということだそうで。

 

「メーカーさんなので、緩いとは思うんですけど…」

 

と親身になってくれて、泣きそうでした、ホント。

 

今はその電話待ちです。

 

ああ…神様仏様(笑)